読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Makanaの日記

#読書#ラオス#のんびり

名言メモ:かもめのジョナサン

かもめ社会を人間社会にたとえている本であるため、

立ち止まって、日頃諦めている夢や思いを再考でき

自由に夢を追いかけ実現できるということに気づく

勇気がもらえる一冊。

 

かもめのジョナサン: 【完成版】 (新潮文庫)

かもめのジョナサン: 【完成版】 (新潮文庫)

 

 

目に見えるものには、みんな限りがある。きみの心の目でみるのだ。

すでに自分が知っているものを探すのだ。そうすればいかに飛ぶかが発見できるだろう。 

 

私たちに立ちはだかる運命はそのとき見るもので判断してしまいそうになるけど、

自分が今まで生きてきた中で培った心の目でみると、解決できる。

私たちの可能性は無限なんだな、と感じられた一文。

本田健さんから学んだ 幸せな生き方

本田健さんの本読んで感じたこと。

私って本当に幸せだなー。

 

10年前に初めて自己啓発本と出会った。

それが本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」

 

ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教え

 

 

大学生の遊び盛り、社会の仕組みやお金について何も考えたことがなかった自分。

ただ、お金持ちになれたらいいなーと漠然と夢見ていた時。

幸せなお金の作り方・付きあい方・使い方を学んだ一冊、衝撃だった。

お金の話なのに、人生の幸せについてまで考えさせてくれた。

日本社会で悶々と馬車馬の如く働くのだけはいやだ、

 自分のスタイルで生きていきたい、そう考えることを許してくれた一冊だった。

 

それから10年。

 また本田健さんの本を読んで

10年前に「ユダヤ人大富豪の教え」を読んでいてよかった。

今の私は幸せだな、と再確認できる本であった。

 

幸せな経済自由人の60の習慣

幸せな経済自由人の60の習慣

 

 

 

今はラオスにいる。

10年前の自分は疎か、2年前の自分でさえもラオスにいるなんて思わなかった。

1年半前、突然沸き起こった直感で決めた。

「海外で誰かの役にたつことをしよう」

それが私のずっとやりたかったことだ、と初めて潜在的な自分の夢に気づいた。

そう感じることができたのも、

その前のアメリカ留学。1年間ひたすら自分の心と向かい合った。

そのおかげで、自分の直感には敏感に反応できるようになった。

 

アメリカ留学は満足な貯金もなく生活していたので、贅沢はできなかった。

それでもホストファミリーや友達との幸せな時間があった。

 

今、ラオスで必要最低限のお金で生活しているが、

それでも

ラオ人の笑顔が見れて

日々に感謝することができて

自分やりたかった「誰かのための仕事」ができて

感謝されることも多くなり

自然体でいられる友達がいて

お互いに大切に想えるパートナーがいて

大自然があって

毎晩、星が見えて

毎日「あー幸せだなー」って思う。

貯金が貯まるわけでもないし、裕福な生活をしているわけではないが

お金に関しての不安は一切ない。

 

 

この幸せを今噛みしめることができるのも数々の本との出会いのおかげであるが、

やはり一番は本田健さんの本との出会い。

私の中メンターとなった、本田健さん。

ぜひ、幸せとは何か、考えたいときにおすすめの本である。

ラオスの大自然に癒される②:川でピクニック、滝で水遊び

前回はラオス南部・パクソンにあるコテージをご紹介しましたが、

今日は、そのコテージから5km離れた滝をご紹介🎵

 

makana.hateblo.jp

 

目次

タッドニュアン(ニュアン滝)

 

なんといってもウリは

川沿いでピクニック🍙

滝の下で水遊び🏊

 

滝の上流は子どもも遊べるくらいの水の流れ、

そして水も綺麗✨

f:id:Makana:20170223144831j:plain

その川岸で蓙を敷いて

ご飯を食べることができます🍙

屋根付きのピクニックエリアもあり、

自由に使うことも可能デス!

f:id:Makana:20170223144602j:plain

  

階段で下って行くと見えてきます✨

f:id:Makana:20170223145354j:plain

この時点でもう満足なくらい綺麗な景色ですが、

さらに下って行くとf:id:Makana:20170223145454j:plain

 

マイナスイオンを肌で感じることができます✨

乾季であればそこまで流れも速くないので、

泳ぐこともできます!

f:id:Makana:20170223145422j:plain

 

ぼーっと滝を眺めたり。。。

泳いでみたり。。。

 

ラオ人が頭洗っていたり。。。

 

みんな思い思いの時間を過ごしています💖

 

f:id:Makana:20170223145520j:plain

 

 

 

場所

 

パクセーからは

旅行会社でクルマをチャーター

バイクを借りる

または

市場に止まっているドイサン(相乗りトラック)

パクソン方向に40kmいったところ。

16E道沿い右側に看板がでているので

そこを右折して道なりに

すると滝のゲートが見えてきます。(入場料あり。確か5000ー10000kip)

 

コテージ

ゲート付近に建築中😎(2017年2月現在)

完成が楽しみです。

 

泊まってゆっくりしたい場合は

35kmにあるTadE-tuか

38km地点にあるTadFaneにあるコテージをどうぞ☺️

 

 

 

ラオスの大自然に癒される①:川のせせらぎで眠れるコテージ

ラオスの南部チャンパサック県には、ボラベン高原があり、コーヒーの産地と有名。

数々の滝や大自然が残っており、多くの欧米人が癒しの地として訪れます。

リゾート地として数々のコテージがあるが、今日はその中でおすすめのコテージをご紹介。

 

Baan E-tu Waterfall Resort

www.tripadvisor.com

 

ここはパクセー(チャンパサック県の中心地)から35km東に行ったところ

ボラベン高原(パクソン)の入り口に位置する。

 

"https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d15401.92654148321!2d106.09205233197197!3d15.186786444299456!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0%3A0x4367da65df4b2c9b!2sE+TU+Resort!5e0!3m2!1sja!2s!4v1486622075249" width="400" height="300" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen></iframe> 

 

E-tuというのは滝の名前であり、

名前のごとく、敷地内には滝が流れている。

 

f:id:Makana:20170209143416j:plain

f:id:Makana:20170209143959j:plain

↑この滝の上流、川沿いに、コテージが建っている。

 

f:id:Makana:20170209143735j:plain

↑コテージの左側に川が流れている

 

なので朝、川のせせらぎで目を覚ますことができる✨

さらに部屋の川側にはテラスもあり、くつろぐことができる✨

f:id:Makana:20170209143901j:plain

f:id:Makana:20170209143925j:plain

↑部屋からの眺め

 

部屋はリゾート感たっぷり✨

f:id:Makana:20170209143834j:plain

 

📖静かに読書をするのには至福の場📖

 

川沿いにレストランもあり、夕食はラオス・タイ料理が楽しめる。

宿泊者には朝食もあり、とても美味しい🍛

 

↓敷地内に流れる川

f:id:Makana:20170209143522j:plain

f:id:Makana:20170209143707j:plain

 

※注意点としては、

wifiはレストランとレセプションのみで使え、コテージでは使えない。

夜は牛が餌を食べに来ることがあり、真っ暗闇の中にベルの音がすることがある。

それ以外は完璧‼️

 

行き方

パクセー(ビエンチェンより飛行機で1時間強)から

バイクをチャーターして35km行ったところ。

看板があるので左折する。

 

バスや乗り合いトラック(ドイサン)にのって35km地点で降ろしてもらい、そこから歩くこともできる(約10分)

 

(ホテルに直接連絡すれば、空港まで迎えにきてくれる;有料)

 

↓黄色い看板で名前がでている。

f:id:Makana:20170209143320j:plain

 

 

 左折して道なりをひたすら行く。

突き当たりがリゾートの入り口。

f:id:Makana:20170209143347j:plain

途中、コーヒーの木もある

f:id:Makana:20170209151132j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラオス② おすすめ雑貨屋さん 厳選10shops

 

 

ラオスの首都:ビエンチェンでおすすめの雑貨ショップをご紹介!

最近では、ラオコットンや各民族特有の織物布を使ったかわいい雑貨が増えてきて

買い物だけで半日を潰せるほど🎵 

各お店でオリジナル商品や布が異なるので雰囲気が違って飽きない✨

👇一番下に地図👇あるので散策にご参考ください🚶

 

目次

①Le Trio

メインはカフェですが、入り口と2階に雑貨を取り扱っている👜

民族の機織布を使った鞄やポーチが多い✨

ルアンパパーンでの機織り体験のパンフレットも置いてあるので

ぜひ体験してみましょう🎵 

 

www.tripadvisor.jp

 

②Saoban

日本人に人気のお店

落ち着いた色の雑貨が多い☺️

藍染商品や銀アクセサリーも多く扱っている🎵

f:id:Makana:20170206153714j:plain

 

③Khuemai

Saobanから歩いて約1分

ラオスの洋服も取り扱いあり。

アクセサリーがかわいいお店✨

カトゥー族のビーズを使った機織布も置いてある。

f:id:Makana:20170206154804j:plain

 

 

④True Colour

職業訓練センターの販売店

コットンやシルクの布、ペンケースや小物を扱っている。

f:id:Makana:20170206154503j:plain

 

⑤お土産1

ショップ名は不明。

コットン布でパソコンやiPadケースも作っている。

洋服も少し取り扱いあり。

ラオステイストが多い🎵

f:id:Makana:20170206154742j:plain

 

⑥ART DECOR

小物、アクセサリーが豊富

オリジナル洋服あり

f:id:Makana:20170206154353j:plain

 

⑦HerWorks

ラオス布を使った日本人テイストな洋服や小物、鞄が多い

f:id:Makana:20170206154417j:plain 

 

⑧MixayBoutic

ラオシルクのネクタイを豊富に取り扱っている✨

シルクやコットンなど豊富な種類のショールもあり洗練された感じ

洋服もあるがLが多く外国人向け。

f:id:Makana:20170206154838j:plain

 

⑨CAMACRAFT

ラオス伝統民族模様をあしらった雑貨が多くある。

なかなか他ではみることができないデザインなので一見の価値あり✨

f:id:Makana:20170206154438j:plain

 

10 お土産2

ショップ名不明

北部の民族の布を取り扱っている

f:id:Makana:20170206154332j:plain

 

 

 

 

 

以上が雑貨屋さんのご紹介でした✨

 

ここで番外編‼️

 

ラオスではオーダーメイドの服流通しており

数日待てば、

サイズ変更やオーダーメイドの服を手に入れることができる👚

しかもお値段はだいたい1万円以下💰

おすすめのお店をご紹介します❗️

※お母さん1人で作っているので場合によっては数日ではできない場合もあります。

 

<Tonet Trailor Shop>

ラオ特有の刺繍やデザインをあしらった上品なワンピースが多くある。

一点一点手作りなので、ちょうど良いサイズがあればラッキー✨

f:id:Makana:20170206152519j:plain

 

最後に紹介したお店の

地図

 

 

 

人生を変えるための20のキーワード

f:id:Makana:20170126163512j:plain

 

こんにちは。今日は本「断言しよう、人生は変えられるのだ。」をご紹介🎵

 

『人生を変えるには自分の内面に目を向けることが重要である!!』

と一般的な自己啓発本だが、

取り巻く環境や人への見方が変わり

身の回りに起こること全てに意味があり感謝すべきことなのだと気づく。

読み終えたとき、世界が綺麗に見えるようになる、そんな本。

 なので

人生を変えたいと思っている人だけでなく

夢のために頑張っているけど、楽しみや喜びを見出せずに日々悶々としている人

にも是非読んでほしい一冊です。

 

断言しよう、人生は変えられるのだ。

断言しよう、人生は変えられるのだ。

 

 引用:ジョン・キム(2014). 断言しよう、人生は変えられるのだ。. サンマーク出版

 

 

ここでは人生を変えるためのキーワードを20厳選して紹介する。

 

目次

 

1. 人生を変えたいけど・・・

人生を変えるのは難しいことでもなんでもない。

必要なのは、少しばかりの勇気と、ほんのちょっとした視点の転換だ。

その通りだと思う。

途上国で生活していると

恵まれた日本で、変えたいけど変われない、なんて贅沢を言っている人が多いことに驚き悲しく思う。

途上国では、学校もいけない、字も読めない人に多く出会う。比べるつもりはないが、

日本で「人生を変えたい!」って思ったら、外に原因は何もない。変えるべきは自分の内面なのだ。

 

2. 目標

自分が目指しているものは何なのか。夢は何なのか。

 まず始めに目標を明確にしなければならない。

 目標をもっていれば、あとはまっすぐに行動するのみ。

 

3. 自分の感情に気づく

ネガティブな感情が生まれたとき、大切なのは、その感情に自ら気づいてあげることだ。

 気づくことができないと、負の感情を大切な人にぶつけて、傷つけてしまうだろう。

 立ち止まって、今自分がどんな感情にあるのか静かに向き合ってみよう。

 

4. 嫌な人との関わりかた

攻撃の99%が間違っていたとしても、そこに一つの学ぶに値する真実があるとすれば、その敵さえ、敵対する相手ではなく、感謝の対象と捉えることができる。   

 攻撃的で腑に落ちない相手からの言葉でも、少しは学ぶことはある。

それに感謝をすると、相手との関わりも意味を見出せてくる

 全く気が合わない人から言われた言葉には、自分にない発想があり、見聞が広がるのだ。

 

5. 相手の欠点

他人の欠点を笑ったり、非難したりする人がいる。

それ自体、自らの感情をネガティブに持っていく行動である。

むしろ相手は、自分自信の中にあるかもしれない欠点にきづかせてくれた人だと感謝しなければいけない。

  どんな人の行いにも学ぶべきことがある。 

  相手の欠点は自分の欠点

  相手の嫌いな部分は、自分にもある認めたくない一面なのである。

  それに気づければ自分に自信がつくだろう。

 

6. 出会い

亡くなったことは悲しい。しかし、それも出会えたからこそ。

生きている間に出会えたことを、感謝の気持ちにすることだ。

  人はいつか死ぬ。短い人生の中で出会えたことに感謝をする。

 

7. 生について

人生の充実は長さにあるのではない。深さにこそあるのだ。

  死ぬ時に、「あー素敵な人生だったな」って死にたいなら、

 「今日死んでもいい!」って覚悟で、1日を大切に感謝しながら生きていこう。

 

8. 充実感

明日のために、今日を犠牲にしてはいけない。

そうではなくて、夢見る明日に向かって、一歩ずつ踏み出している、

今日の自分の満足を覚えなければならない。

  1秒1秒を大切にすることは、自分を大切にすること。

  自分を大切にできて一瞬一瞬に感謝ができたら、

  1日の終わりは満たされた気分になる。

 

9. 悩み

意味づけさえ変えれば、解釈さえ変えれば、

自分をかえることができるのである。

  悩み苦しむ必要はない。

  苦しんでいる状態を作るのは自分を大切にできていないから。

  考えて方を変えることで状況は変わらなくても、悩み苦しむことはなくなる。

 

10. 何事も準備

   何事もリスクは伴う。

   だからリスクはなるべく減らすように準備をしておく。

   そうすれば、失敗したとしても、割り切れる。

   そして、失敗から学ぶことができれば、失敗は恐る必要がなくなるのである。

   失敗しても死なない。安心して失敗すればいい

 

11. 付加価値をつける

何かのテーマに接したとき、自分ならどんな付加価値をプラスできるか、いつも考えることだ。

  全ての物事は学ぶに値するものである。ただぼんやりテレビを見るか、テレビの内容から自分にどう活用できるかを考えるかで、同じ時間でも得るものは大きく変わってくる。

 

12. 対立

張り合わないこと、吸収すること、包み込むくらいの感覚でいること。

 人との対立は無意味である。弱い自分、不安な自分があるから強がる。

 まずは、自分の弱さを理解すること

 そのためにはまず自分を愛することができるようにすること。

 

13. 転職したいとき

目の前にある完璧でない環境の中で、自分がどのような意味を見いだせるか、ということである。

  全力で仕事に取り組んだか、社会に貢献しようとしたか、

  それができていなければ、転職しても同じことを繰り返す。

  環境ではない。自分がいかに仕事と向き合ったか。

  大切なのは、

  目の前にあるもののから意味を見出す努力である。

  それができれば晴れ晴れ仕事を辞め、転職できる。

ここではもはや成長する余地はないという確信が持てて初めて、次にいくということを心がけるのである。

 

14. 大切な人

自分の人生にとってどうでもいい人たちと時間を過ごすことで、大切な人との時間が奪われている

  大切な人を厳選していくことで大切な人脈ができる。

  そして、大切な人と素敵な時間を過ごすことで

  より充実した日を過ごすことができる。

  大切な時間は先送りしない。

 

15. 非難

人は価値観が合わない人に行かされてもたいしてうれしくないものだ。

ならば、価値観が合わない人に非難されても、悲しく思う必要はない。

  これぞ真理。

 

16. 時間

自分の時間の中で、幸せを感じる時間は何なのかということをリストアップし、できればランキングをつける。

 自分にとって幸せな時間、成長できる時間に集中して理想の時間配分を作る。

 したがって、

2割の大事なこと、8割のまあまあ大事なことがあるとすると、8割のまあまあ大事なことに関しては時間を割かず、完璧を目指さないと割り切るのだ。

 自分にとって大切なことは何なのか? 

 常に、自分への問いかけを忘れないようにする。

 時間マネジメントができなければ、人生マネジメントはでいない。

 

17. 言い訳しない

とにかくやってみたいと思ったことは、小さな一歩でもいいので、

まずスタートしてみる。

 ちょっとしたことで人は変われる。

 人生を変えることは大きな偉業に思えるが、

 大切なのは、

 ちょっとした新しい何かを始めることなのだ。

 

18. 不安

不安があるというのは、「未来に可能性があるのだ」という裏返し

  何か選択するのは、未来が不確実だから。

  未来が決まっていれば選択する必要はない。

  選択肢があってどれが答えかわからないから不安になる。

  不安までもポジティブに思えてくる!

 

19. 目標

大事なことは、最善を尽くすこと、

そして、最終的な結果については、あまり気にしないこと

  すなわち、自分の目標は結果に依存せず、最善をつくすことにする。

  最善を尽くしている過程では、不安は減る

 

20. 人生の答え

正解は決まっているわけではなく、自分自身が正解にしていくのである。

   自分で正解をつくる!

   それが人生である。

   正解は一瞬一瞬で変わってもよい、大切なのは、正解を見つける意識。

 

 

ラオスのローカルコーヒー 

 

f:id:Makana:20170123181854j:plain

 

東南アジア最後の秘境、ラオス✨ 

そんなラオスで一般的に飲まれているラオコーヒー。とっても甘いのですが、独特なコクがあり一度飲んだらやみつきに😻‼️

そんな、ラオコーヒーをレシピとともにご紹介します🎵

  

目次

 

1. ラオコーヒーとは

ネルで煮たコーヒー:練乳:粉末コーヒークリーマーを

1:1:0.5で割って氷に注いて飲むコーヒー🍹 

お気づきだと思うが、めちゃくちゃ甘い‼️

 

首都のど真ん中を除けば、

ラオ料理を提供するレストランや食堂や、屋台いたるところで売られている

  ⬇️屋台⬇️

f:id:Makana:20170123170057j:plain

 

 ⬇️出来上がりはこんな感じ⬇️

f:id:Makana:20170123171655j:plain

  全く中が想像できないので、中身をレシピとともに見ていきましょう🎵⬇️

 

2. 作り方

1.煮る

 ネルに粗挽きコーヒー豆を入れ、10−15分⬇️のような鍋で煮る

(と言うが、実際は朝からずーーーーーっと煮ている。というか放置している)

f:id:Makana:20170123173148j:plain

2. 抽出

   写真のように 練乳と粉末クリーマーを入れたところにコーヒーを抽出させる

   抽出したコーヒー:練乳:粉末クリーマー=1:1:0.5

f:id:Makana:20170123173854j:plain

 

3. 注ぐ

  氷の入った袋に注ぐ。  これが紙袋の中身です✨

f:id:Makana:20170123175146j:plain

4. 出来上がり✨

f:id:Makana:20170123171655j:plain

 

 

 

3. コーヒー豆について

 南部ではコーヒー豆が名産✨ アラビカ種がメインで日本では結構なお値段で売られています。ローカルで飲まれているラオコーヒーは輸出できない若い豆を使用しているので、普通のドリップコーヒーとして飲むと酸っぱくてもはやコーヒーとは呼べない😨

   ⬇️豆は市場で購入可能⬇️

f:id:Makana:20170123175448j:plain

 

 いかがでしたか?

ラオスに行ったら是非、ローカルコーヒーをお楽しみください🎵

 

※首都などお洒落なカフェで売っているラオコーヒーは抽出方法、豆が違うので

ローカルコーヒーとは異なります。