Makanaの日記

#読書#自分に素直に

幸せな人生のために、まず自分に素直に生きてみる

幸せの定義は人それぞれ違うが、

幸せな人生を送っている人には共通する考え方がある。

それは『自分の身体と心の反応に素直に反応して生きる』ということだ。

本能の欲求に従う、ワクワクすることをする、

例えば お腹空いたら食べる、寝たい時に寝る、一緒にいたいと思った人と時間を過ごす、誘われた食事会に気乗りしなければ断る、大好きなことを仕事にして日々ワクワクするなどだ。

もちろん、ただ身体と心に素直に生活するだけでは、成功もしないし幸せにもなれない。その+αの秘訣は以下で紹介する2人の著者で異なるので、実際に手にとって読んでいただきたい。

 

1)『歩き続ければ大丈夫。 アフリカで25万人の生活を変えた日本人起業家からの手紙』 著:佐藤芳之

 

あれこれ考えずに素直に反応して生きる 

 

歩き続ければ、大丈夫。---アフリカで25万人の生活を変えた日本人起業家からの手紙
 

 

2)『幸せな経済自由人の60の習慣』 著:本田健 

幸せな経済自由人の60の習慣 (大活字シリーズ)

幸せな経済自由人の60の習慣 (大活字シリーズ)

 

 

 本田健さんは心と身体に素直に生きることについて言及はしていないが、

大切な人との時間を大切にし、大好きなことに囲まれて生きており、常にワクワクすることをする、といった生活を送り心に素直に生きている。また2週間インターネットの世界から経って生活した経験もあり、そうして自分の身体とも素直に向き合っているように感じる。

 

佐藤芳之さんも本田健さんも

ビジネスにおいて、直感を大切にしているという点で共通点がある。

「そろそろ終わりだな」と思ったら次のステップへ飛び乗る。

この直感というのは、自分の感情や身体の変化に素直に向き合っていないと敏感になれない。

2人の方の人生幸せに過ごすための根本的な考えは共通しているのだと思った。